メタボリックの診断基準は?腹囲の正しい測り方を知ろう!

最近テレビなどでも話題になっているのが
メタボリックシンドロームです。

 

日本人にもかなり増えてきているそうですが、
自分は大丈夫なのかな?と心配になる方も
いるのではないでしょうか。

 

そこでメタボリックの基準と、自分でできる
腹囲の正しい測り方について調べました。

 

 

メタボリックと判断される腹囲の基準は

  • 男性が85cm以上
  • 女性が90cm以上

とされています。

 

自分で測定してみようとする場合、
正しい測り方で測らなければ測定値が
変わってきてしまいますよね。

 

正しい測り方は姿勢を正しくして立って、
おへその位置で測ります。

 

その際に床と平行になるように気をつけて
メジャーを一周させます。

 

 

そして腹囲の他に判断基準となるのが
血液の状態です。

 

  • 中性脂肪が150mg/dL以上、
  • HDLコレステロールが40mg/dL未満
  • 最高血圧が130mmHg以上
  • 最低血圧が85mmHg以上
  • 空腹時の血糖値が110mg/dL以上

 

これらの基準に二つ以上当てはまると
メタボリックと診断されてしまうのです。

 


メタボリックに最もなりやすい年齢と性別があった!その原因は?

メタボリックシンドロームというと、
男性がなる確率が高いというイメージが
あるのではないでしょうか?

 

しかもある程度年齢を重ねた男性ですね。

 

年齢や性別によってメタボリックになりやすい、
ということはあるのでしょうか?

 

それとも単なるイメージなだけなのでしょうか?

 

 

メタボリックになりやすい年齢と性別について
調べてみることにしました。

 

調べてみると確かに女性と比較すると
男性がなりやすいそうなのです。

 

この性別による違いは、
女性は皮下脂肪を蓄積するのに対して、
男性は内臓脂肪を蓄積しやすい
というところから起こるようです。

 

そして女性に比べて男性の方が高脂肪・高カロリーの
食事をすることが多いということも原因になります。

 

更に年齢については基礎代謝が下がってくるので、
中年以降の方がなりやすいという結果になりました。

 

 

つまりメタボリックに最も気をつけなければ
ならないのは中年以降の男性ということになります。

 

恐ろしい生活習慣病を引き起こす原因になりますので、
日頃から生活習慣を正しくしておくことが大切ですね。


体重と体脂肪率を適正に保つことでメタボリックを予防しよう!

健康的な体というのは体重だけで決まらない、
というのは一般的な知識になってきましたよね。

 

体重は軽くても体脂肪率が高ければ、
メタボリックと診断されてしまうこともあります。

 

それでは、メタボリックと判断される
体脂肪率はどのくらいなのでしょうか?

 

 

体脂肪率は体の中にどのくらい
脂肪が含まれているかという比率のことです。

 

まず適正な値についてですが、

  • 男性(30歳未満) 14〜20%
  • 男性(30歳以上) 17〜23%
  • 女性(30歳未満) 17〜27%
  • 女性(30歳以上) 20〜27%

が基準になっています。

 

メタボリックの判断基準は体内の
脂肪の割合だけを診るものではありません。

 

他にも腹囲の大きさや血液の状態
判断基準には加味されます。

 

ですが、やはり適切な体脂肪率を保つ
ということは健康的な体作りには欠かせないものです。

 

体重管理とともに体内の脂肪の割合も
適正値に近づけるようにしたいものです。

 

 

この値を日頃から体重計などで気をつけていれば、
メタボリックになってしまうという危険性も随分低くなるはずですよ。

メタボリックにならない為に!血圧の高さが判断基準になる?

メタボリックシンドロームの診断基準に
血圧の高さがあるということはご存知でしょうか?

 

腹囲の大きさも判断基準のひとつですが、
血圧や中性脂肪値の高さも基準となっています。

 

 

メタボリック検診で腹囲を測るのは、
お腹の周りを測ることによって内臓脂肪の
蓄積を診るためです。

 

そして更に必要なのが血液の状態です。

 

高血圧だという方は腹囲が基準値を下回っていても、
メタボリック予備軍の可能性があります。

 

その基準は

  • 最高 130mmHg以上
  • 最低 85mmHg以上

となっています。

 

ドラッグストアなどでは自宅で測定できる
機器も販売されていますので、
毎日測定されている方もいるかと思います。

 

この値を上回らないということが
メタボリックにならないためには必要です。

 

 

メタボ予防には食生活の改善が必要といわれますが、
規則正しい生活をしてバランスの良い食事を摂れば
比較的簡単に予防をすることができます。

 

血圧の高さは食生活を映す鏡となりますので、
判断材料のひとつとしては有益ですよね。