メタボリックシンドロームとは一体どんな状態?危険性は?

最近とても頻繁に聞くようになった言葉ですが、
メタボリックシンドロームとは一体どんな状態を指すのでしょうか?

 

漠然としたイメージは持っているのですが、
説明しようとするとなかなか定義が分からないのではないでしょうか。

 

そこでメタボリックシンドロームとは一体どういうものなのかについて
調べてみることにしました。

 

 

メタボリックシンドロームとは日本語では
内臓脂肪症候群といわれます。

 

腸などの周辺に内臓脂肪がたまることによって
生活習慣病が複数起こっていることなのです。

 

ただの肥満とは違う点がこの点なのですね。

 

肥満という状態は皮下脂肪が多いことなのですが、
メタボリックシンドロームは内臓脂肪が多いことを指します。

 

そして更に動脈硬化の原因になりますので、
脳梗塞や心筋梗塞になる危険性も高まる
とても危険な状態のことです。

 

 

このようにメタボリックシンドロームとは命に関わる重大な症状を
引き起こす可能性があるものです。

 

皮下脂肪のついた見た目の肥満とは違いますので、
健康診断などで正確に自分の体の状態を知っておく
必要がありますよね。

 

内臓脂肪は生活習慣や食生活によって溜まるので、
日ごろから規則正しい生活を送るということが
必要不可欠になります。


ただの肥満とは違う!メタボリックの特徴と危険な症状とは?

メタボリックシンドロームはよく聞きますが、
具体的にどのような症状や特徴があるのでしょうか。

 

太っていることを言うのでは?
と思っている方もいるかもしれませんが、
ただの肥満の状態を指す言葉ではありません。

 

ただの肥満とは違うのであれば、
どのような特徴があるのでしょうか?

 

 

メタボリックシンドロームの特徴としては、
ウエスト周りが

  • 男性が85cm以上
  • 女性で90cm以上

がその判断基準となります。

 

更に血液検査では、

  • 血糖値が110mg/dl以上
  • 最高血圧が130mmHg以上
  • 最低血圧が85mmHg以上
  • 中性脂肪値が150mg/dl以上
  • HDLコレステロール値が40mg/dl未満

という値で診断されます。

 

この様な血液の状態が特徴となりますので、
症状としては高血糖、高血圧、脂質異常などが挙げられます。

 

ウエスト周りが大きい人であっても、
これらの症状がないかたであれば、
メタボリックシンドロームではありません。

 

 

メタボリックシンドロームとは
このような重大な症状を引き起こします。

 

更に動脈硬化や糖尿病の原因にもなりますので、
日頃の生活習慣や食生活、運動に気を遣う必要があります。


貴方は大丈夫?メタボリックの原因と問題点は生活習慣にあった!

一見太っているようには見えないのに、
メタボリックと診断されてショックを受けた
という方もいるのではないでしょうか。

 

メタボリックシンドロームとは一体
どのような原因でなってしまうものなのでしょうか?

 

調べてみるとそこには、
日常生活の中に問題点が潜んでいました。

 

 

メタボリックシンドロームの原因となるのは、
普段の食生活や運動不足、ストレスです。

 

更に過度の飲酒や喫煙なども大きな原因となります。

 

こうして挙げてみると、一般的に不健康な生活習慣と
いわれているものが、問題点となっています。

 

規則正しい生活をして、バランスの良い食生活、
そして適度な運動をする、という生活をしていれば
簡単に予防ができるものとも言えるのです。

 

 

このような問題点を自身の習慣の中に抱える方は、
根本的な生活習慣を見直さなければなりません。

 

メタボリックシンドロームは動脈硬化や糖尿病を
引き起こす原因にもなりますので、予防をすることが
一番大切なことなのです。

メタボリックシンドロームと肥満の違いは?その判断基準とは?

メタボリックの診断基準として有名なものは、
「腹囲の大きさ」というものですよね。

 

テレビCMなどでも見かけたことがあると思います。

 

ですが肥満によって腹囲が大きいこととは
違いがあるということをご存知でしょうか?

 

肥満によって腹囲が大きいだけでは、
メタボリックシンドロームとは診断されません。

 

 

それでは一般的な肥満との違いは
どのような点になるのでしょうか?

 

それはついているのが皮下脂肪か内臓脂肪か、
という違いが挙げられます。

 

皮下脂肪が多くついていたとしても、
内臓脂肪が少なければメタボリックではありません。

 

ですから、一見痩せているように見える方でも
実は内臓脂肪はいっぱいついていたということも
ありえるわけなのです。

 

更に医師による診断基準として血液の状態があります。

 

血圧や血糖値の高さも含めて判断されますので、
一般的な肥満状態とは違いがあるのです。

 

 

メタボリックシンドロームは、
糖尿病などの病気を引き起こす原因になります。

 

自分は大丈夫なのかな?と思ったら、腹囲だけで判断せず
医師に診断してもらうということが大切です。