メタボリックの判断基準にもなる脂質代謝異常とは?危険性は?

脂質代謝異常という言葉をご存知でしょうか?

 

以前は高脂血症といわれていた状態のことです。

 

メタボリックの状態とも密接に関わっており、
動脈硬化などの原因にもなる恐ろしい状態です。

 

脂質代謝異常とは一体どういう状態なのでしょうか?

 

 

中性脂肪やコレステロール値は健康診断でも
必ず測定される健康状態を知るには重要な部分ですよね。

 

脂質代謝異常とは中性脂肪やコレステロールの値が
正常ではない状態のことを指します。

 

基本的な判断基準は以下のとおりです。

 

  • LDLコレステロールが140mg/dl以上
  • HDLコレステロールが40mg/dl未満
  • 中性脂肪が150mg/dl以上

 

これらが当てはまった状態のことです。

 

この値はメタボリックの診断基準ともなるので、
メタボリック検診が義務化されている現在は特に重要な値になっています。

 

 

脂質代謝異常は血液中の脂質が多い状態なので、
メタボリックの要因になってしまう他、動脈硬化性疾患の危険性も高まってしまいます。

 

肥満が原因になっていることも多いので、適切な体重管理をすることが必要です。


メタボリックと診断されると糖尿病になる可能性が130倍!?

糖尿病は基本的に完治が難しく、かかってしまうと
一生付き合わなければならなくなってしまう病気です。

 

メタボリックシンドロームと診断されると、
この糖尿病にかかる可能性もぐんと高まるのです。

 

最近日本でも急増してきているといわれている
メタボリックとどの様な関係性があるのでしょうか。

 

 

糖尿病で通院している患者さんを調べたところ、
3人に1人がメタボリックシンドロームだったという調査結果が出ています。

 

これはその診断基準がとても似ている
というところに原因があります。

 

メタボリックの診断基準であるのが、

  • お腹周りの大きさ
  • コレステロール値
  • 血圧の高さ
  • 血糖値の高さ
  • 中性脂肪の多さ

これらの5つとなります。

 

これらを満たしてしまった状態ですと、
糖尿病になる可能性がとても高くなってしまうんですね。

 

その可能性はなんと通常の状態に比較して
130倍も危険性が高まるといわれているのです。

 

 

メタボはとても一般的なものになっていますが、
とても高いリスクを抱えています。

 

太ってしまっただけ、という油断が原因で恐ろしい生活習慣病に
かかってしまう危険をはらんでいるのです。


突然起こる危険な脳卒中・・・メタボリックとの関連性とは?

突如訪れるとても危険な病気の代名詞であるのが
脳卒中ですよね。

 

ある日突然倒れてしまう・・・
というとても恐ろしいイメージがあります。

 

実はメタボリックの状態では脳卒中の危険性が
かなり高まってしまうのです。

 

ただの肥満だと思っていたのに、
ある日突然危険な病気を引き起こしてしまうかもしれないのです。

 

 

メタボリックと脳卒中の関係性というのは、
血圧の高さや動脈硬化が共通点になっています。

 

メタボリックの診断基準のひとつとして、
血圧の高さとコレステロール値があります。

 

コレステロール値が高くなると動脈硬化に
なりやすい状態になってしまいます。

 

この高血圧と動脈硬化が重なった状態では脳梗塞やくも膜下出血、
脳出血などを引き起こす可能性がとても高まります。

 

 

メタボリックシンドロームというと、
なっているのは自分だけではないし・・・
ただの肥満なのではないか・・・
と油断してしまう方が多いようです。

 

ですが脳卒中の危険と隣り合わせになる重大な状態なのだ
という認識を持つ必要があります。

脳出血の発生要因はメタボリックだと満たされるって本当?

脳の周辺の血管の病気ほど怖いものはありません。

 

脳出血などもある日突然血管が切れてしまい、
意識障害や運動麻痺といった症状が出る恐ろしい病気です。

 

実はこの脳出血とメタボリックシンドロームは
とても深い関係があるのです。

 

メタボリックだと診断された方は是非ご一読ください。

 

 

脳出血の原因となるのが高血圧と動脈硬化です。

 

実はこの二つはメタボリックだと診断される際に
満たしてしまっている場合が多いのです。

 

メタボリックはお腹周りの大きさ意外にも、
コレステロール値や中性脂肪、血圧の高さ
といったものが診断基準に含まれます。

 

コレステロール値が高いと血管には脂肪が溜まり、
動脈硬化を引き起こす直接的な原因になります。

 

そこに血圧の高さが加われば、
脳出血になる要因は満たされてしまいます。

 

 

メタボの状態が大変な病気の原因になる
という危険性を意識していない方も多く見受けられるようです。

 

まずは自身の健康状態がどれほど危険なものなのか、
という認識を改めてすることが大切です。